NEWSお知らせ

社長が語る‼︎ショウエイ技建の成り立ちから弊社ならではの特徴・強み‼︎

板橋区で20代30代が集まる内装工事会社!軽鉄ボード工事・軽天工事はお任せください!

板橋区で内装工事をメインに手掛けております、ショウエイ技建です。今回はショウエイ技建の成り立ちから弊社ならではの特徴・強みなどを社長自ら紹介していきたいと思います。

■ショウエイ技建の歴史

今年で17年目を迎える弊社は、リーマンショックを超えて来ました。それだけでなく、10年に1回はあるという不況の荒波を超えてここまで来ました。とてもありがたく思います。

そんな弊社が立ち上がった際、当初のメンバーはなんと3人でした。今でこそ施工は弊社だけで終わらせています。しかし当時は手伝いだけに行っていました。そこで協力業者に依頼してメンバーを増やそうとしたところ、なんとリーマンショックが到来したというわけです。しかしリーマンショックは逆に考えれば仕事を求める人達で溢れていました。

そこで弊社はその逆風を利用してあえて社員たちを大勢迎え入れたのです。それは大きな赤字とも言えましたが、ヒューマンパワーが何よりの資産なので二の次でした。

こうして乗り越えた結果、今から5年ほど前にようやく弊社は黒字へと転じました。そして、今では施工管理をする上で現場に職人を30人は集められるまでにもなりました。

■対応工事

主にマンション、大型の医療施設や行楽施設、運動競技場などの大規模ビルを取り扱う一方で一戸建てや店舗など、幅広い建築計画において内装工事を承っております。

その内装工事は大きく分けると2つに分かれます。

・LGS工事(軽鉄工事・軽天工事)

LGSとは、軽量形鋼(Light Guage Steel)の略で、LGS工事(軽鉄工事・軽天工事)とは、軽量の鉄骨で天井まで柱を立てる工事のことです。主に、部屋を区切るための工事になります。軽鉄材は燃えにくく、加工がしやすく、単価もお求めやすいので限りなく理想的な建築施工を行うことができます。

・各種ボード貼り工事

骨組みが立った後に、天井・壁の表面となるボードを貼る工事です。ボード貼り工事は主に下地材(軽鉄材等)に石膏ボードを貼る仕事で、そのボードは次に内装で壁や天井のクロス張りや塗装の前工程作業において下地となります。ボードの適切な施工は見た目の美しさはもちろん、後工程でのトラブルも防ぎます。そんなボード工事の利用メリットは防音性や遮音性が高いものを選べること、耐火、防水などのニーズに合わせて施工できることです。

一方、弊社ではパーテーションを用いることはありません。

もちろん、音を遮るとか、棚をつけたいとか、様々な用途に対応できます。また、撤去費用もパーテーションの方が安く、解体もしやすいというメリットがあります。しかし、パーテーションは出来合いの物もありこそすれ、求める希望用途を盛り込めば盛り込むほど高いものもなっていきます。しかしそもそも弊社では壁自体を一から作ることができます。丸い壁を作って欲しいと言われたらできますし、スイッチを直に取り付けることもできます。そういった理由から、パーテーション自体のお取り扱いしておりません。

■実績

・東京都内大学:記念ホール新築

・晴海:高級分譲タワーマンション新築

・武蔵小杉:新築マンション

・飯田橋:超高層タワーマンション新築

・目黒雅叙園:オフィス棟新築

・六本木:高層タワー新築

■社長の思い

私自身は社員が『入って良かった』と実感できる会社を作ることを常に意識しています。会社を設立してから一度、大きな経営の危機に陥ったことがあります。その際に働いてくれている社員に対し、強い感謝と大きな責任感が生まれました。それ以来、どうあれば誰もが誇りと働きがいを持って仕事に取り組めるか、職場の環境作りに全力で取り組むのが常に念頭にあります。その結果、社会保険や有給休暇、退職金共済といった福利厚生の充実はもちろん、日曜手当ての支給など、当たり前のことを当たり前にできる環境へと整えていきました。今はさらにその先を目指したいと考えています。

一方で、業界の在り方にも常に疑問を投げかけ、自分なりのあり方として人材育成には特に力を入れています。なぜなら、国の建築を背負う立場として、一人の内装屋として、技術向上を目指すだけに追われないからです。そこから転じて、この国の建築を次に担う若い人達に自分の技術を余すことなく伝えたい、その上で彼らにも確かな品質に見合った正当な対価を払いたいと考えています。もちろん、技術だけでなく、挨拶や時間厳守といったマナーについてもしっかり指導しています。私が社員に対して責任を持つように、社員一人一人の行動が、会社、ひいては業界の明るい評価につながっていくと思うからです。

■働いている人

弊社の特徴は働いている人が平均32歳の若手で構成されていることです。建設の現場では若い人が多ければ施工スピードが早いと言われます。また、ベテランが多ければ技術への信頼度が高まると言われています。そんな中、弊社はそのどちらの長所も活かした職人たちが活躍しています。

■教育

建設工事の施工技術は常に高度化・多様化しています。それに伴い、施工管理技士が活躍できる場も拡大の一途を辿っており、それに伴い需要も年々高まっています。そういった存在にまで社員一人一人が成長していけるように、充実した実務経験の配備をします。それだけでなくモチベーションも高く持ち続けられるように、弊社では独自の支給制度を作り、上を目指す人間を応援しています。

■取り組み

・保険・有給完備、安心の月給制

弊社では社会保険の加入、有給休暇の取得、残業手当・割増賃金の全額支給などを徹底しています。特に有給休暇は申請があれば承認率は100%を心がけております。なぜなら、家庭を持つ社員や健康な社員を大事にする上で、引越し、旅行、通院、冠婚葬祭、その他様々なイベントなどのために有給の重要性を理解することが必要不可欠だと考えているからです。

・資格取得を全面バックアップ

内装における施工管理技士や内装仕上げ一級技能士など、資格取得のための費用は交通費まで含め、全額弊社で負担いたします。また、上記資格は昇級の対象です。そういった点を含め、弊社では社員の決意や努力、行動にしっかりと応じたいと考えております。

・昇給に上限なし

弊社では目指せる最高年収の限度額を設けておりません。頑張った分だけ、給与として反映させていく努力をしております。業界の在り方を変えたい一身もありますが、社員が常に上を目指し、やりがいを感じられることが何より大切だと考えているからです。

・皆勤賞・お茶代支給

1ヶ月、無遅刻無欠席でしっかり出勤した社員には皆勤賞として手当てを支給しています。また、体を動かす仕事ですので、勤務中の水分補給も重要、そして必要不可欠と理解しているからこそ、一日200円のお茶代を支給しています。

■特徴

弊社では基本的に日本人、または永住権を持つ方のみで従業員を構成しております。明確に言えば、外国人労働者や技能実習生をあえて雇用しておりません。その方々に頼れば確かに安い賃金や少ない保証で仕事を回せて経営者としてはメリットがでかいでしょう。しかし、この国に立つ未来の職人を育てていくという理念の元で動くのならば、正当な賃金、さらには建設業のノウハウをこの国の建設に役立てていく人々に投資したいのです。そういった思いで言えば、弊社では経営者視点ではなく職人気質で動かしているのが特徴かも知れません。

■強み

DSC_0190

常に業界の『当たり前』に疑念を持ち、社員一人一人が充実した毎日を送れるように様々な取り組みをしていることと考えています。福利厚生や賃金、教育制度の充実はもちろんですが、それだけでなく、仕事においても社員が職人として的確に活躍できるように配置を考え、仕事の流れや内容をその都度わかりやすく説明し、個々人が行き詰まることなく最大限の働きを見せられるように全体を見渡すことを大事にしています。