WORK 業務案内

業務案内WORK

  • LGS工事(軽鉄工事・軽天工事)

    LGSとは、軽量形鋼(Light Guage Steel)の略で、それぞれの頭文字をとって【LGS】と呼んでいます。LGS工事(軽鉄工事・軽天工事)とは、軽量の鉄骨で天井まで柱を立てる工事のことです。
    主に、部屋を区切るための工事になります。

    軽鉄材の利用メリット
    ・鉄骨のため燃えにくい
    ・加工がしやすい
    ・単価が安い
    LGS工事(軽鉄工事・軽天工事)
  • 各種ボード貼り工事

    骨組みが立った後に、天井・壁の表面となるボードを張る工事です。 ボード貼り工事は主に下地材(軽鉄材等)に石膏ボードを貼る工事で、おもに内装で壁や天井のクロス張りや塗装の前工程作業で、下地になります。
    ボードの適切な施工は、見た目の美しさはもちろん、後工程でのトラブルも防ぎます。

    ボード工事の利用メリット
    ・防音性、遮音性が高いものも選べる
    ・耐火、防水などニーズに合わせて施工できる
    各種ボード貼り工事

対応実績PERFORMANCE

  • 一戸建て・店舗・その他 20% 大規模ビル 80% …その他多数
  • 対応実績
  • 対応実績

施工の流れFLOW

設計図に従って必要なパーツをカットしたり削ったりし、できあがった各パーツを丁寧に組みあげていきます。
ここでは壁と天井の下地が完成するまでの作業の様子をお見せします。

  1. STEP 1

    STEP 1

    軽量下地組みをおこないます。

  2. STEP 2

    STEP 2

    石こうボードを寸法に合わせてカッティングしていきます。

  3. STEP 3

    STEP 3

    石こうボードを壁に設置していきます。

  4. STEP 4

    STEP 4

    壁の完成まであと少し。

  5. STEP 5

    STEP 5

    天井下地組み立て。

  6. STEP 6

    STEP 6

    天井へのボードの貼り付けを行います。

  7. STEP 7

    STEP 7

    見切り縁を設置して壁と天井の下地完成。

  8. STEP 8

    STEP 8

    化粧板を貼り付けます。
    完成!