NEWSお知らせ

大工から転職!軽鉄工事だからこそのメリット

東京都板橋区で内装仕上げ工事(軽鉄工事、ボード貼り工事)を手がけている有限会社ショウエイ技建です。

弊社では内装工、ボード工の新入社員を募集しています。経験者はもちろん、未経験からのスタートや、大工職人からの転職も大歓迎しています。

今回は、大工の経験を持つ社員の土沢にインタビューを行いました。

大工から内装工、軽鉄工事業へ転職するメリットはどんなところにあるのでしょうか?

■大工からの転職なら全てのスキルを活かせる

−土沢さんの経歴を教えてください。

土沢:私は現在46歳で、ショウエイ技建へ入社して13年です。現在は職長として、若手社員の育成も行っています。この業界に入って20年になりますね。以前、元大工の親方のもとで働いていた時代に、親方の知人の大工さんの手伝いを1年ほど経験しました。

−大工から内装・軽鉄工事に転職して、役に立つスキルはどんなことでしょうか?

土沢:実はもともと内装工事の主流は木工事で、大工さんの行う仕事だったんです。その名残で、ボードの寸法には今でも「尺」の単位が使われています。現在でも昔の習慣が残っているんですね。

大工の業務が細分化して「内装工」という職業が生まれました。ですので内装工には大工から転職した方が多いんです。

内装工の仕事は、大工の経験のある方ならわかる仕事です。丸鋸など、道具も同じものを扱いますので、大工のスキルを全て活かすことができますよ。

■大工からの転職で変わる、現場の規模と人数

−大工と内装・軽鉄工事では、携わる現場は異なるのでしょうか?

土沢:大工は戸建てがメインですが、弊社ではビルや大型施設を主に施工しています。

−大工と内装・軽鉄工事では、働き方にどんな違いがありますか?

土沢:現場によりますが、大工は5人〜10人の少人数で施工にあたるのに対し、内装業は複数の業者と協力しながら20人〜100人の多人数で現場に入ります。

内装業では複数の専門業者が入るぶん、ルールは多くなります。人との関わりが多くなるので、コミュニケーションの量も増えますね。

弊社では2人〜10人ほどのチームを組んで、現場へ入っています。

■大工からの転職で生まれる心の余裕

−大工と内装・軽鉄工事では、勤務時間は異なりますか?

土沢:大工は戸建てのほぼ全ての工程を自分たちで行うので、勤務時間は自由です。何時から何時までと、平均して決まった時間はありません。仕事のペースによっては早く切り上げたり、逆に遅くまで残ることもあります。

一方、軽鉄工事は複数の業者が関わるため、スケジュールがきちんと決まっています。毎日平均して同じ時間に勤務するので、プライベートの予定も立てやすいですよ。

−大工と内装・軽鉄工事では、待遇面での違いはありますか?

土沢:大工は給与の変動が激しく不安がありますが、ショウエイ技建は給与制度や福利厚生も充実しているので、気持ち的に楽ですね。満足しています。

■大工からの転職ならショウエイへ!

−内装・軽鉄工事で活躍できる大工さんは、どんなタイプの人でしょうか?

土沢:真面目な人ですね。集中力がある方、人の意見を聞ける方、細かい作業が得意な方に向いています。掃除などの基本的なことを大切にできる方、地味に見える作業をコツコツと積み重ねていける方を求めています。

−ショウエイ技建はどんな会社ですか?

土沢:竹井社長は真面目な方で、よく相談にも乗っていただいています。お世話になっているので、恩返ししたいですね。

社員は現在23人で、新入社員が続々と入社しています。20代〜30代が多く、やはり真面目な方が多いですね。仕事は真剣に、休みは自由に、メリハリのある社風です。

−ショウエイ技建へ転職を考えている大工さんへメッセージをお願いします。

土沢:大きい仕事を手掛けたいなら、軽鉄工事をおすすめします。私は昨年、オリンピック競技場の仕事を手掛けました。新聞に載るような、社会的、歴史的に意義のある現場にも携われますよ。給与や待遇も安定していますし、やる気があれば職長も目指せます。大きな現場、安定した生活を求めている方は、ショウエイ技建で一緒にがんばりましょう!

−ありがとうございました!

弊社では内装工、ボード工の新入社員を募集しています。

東京で大工からの転職をお考えの方は、ショウエイ技建へ是非ご応募ください!