NEWSお知らせ

【ボード工求人】「ボード工」とは?需要の高まる石膏ボードとはなんだろう?

東京都は板橋区で内装仕上工事(LGS組立工事,ボード貼り工事)を手がける
有限会社 ショウエイ技建です。



 
 
建設業への就職を希望されている方に対し、
今日は、弊社の要、創業当時よりメインの事業として展開している「ボード施工」工事に関してお知らせしていきたいと思います

建設業はたとえば「大工さん」や「鳶さん」などなど……
“なんとなく想像がつく”職業だけで成り立ってはおりません。昨今の建設ラッシュや技術革新に伴い、建設業の仕事も細分化されてきております

数ある内装仕上げ仕事の中でも「ボード工」とは、どのような仕事なのでしょうか?
業界で注目を集めている「石膏ボード」も併せて、ご紹介して行きたいと思います。
今回の記事をお読み頂ければ、他建設業と比較した時、弊社の事業が”伸びしろ”のある、安心した会社であることが分かって頂けるはずです

 
 

「ボード貼り」工事とは?どういう仕事?

弊社は「軽鉄工事」と「ボード工事」の2つをメインとしている会社であり、この2つは切ってもきれない関係にあります。

「軽鉄工事」は、天井・壁を支える骨組みを作る仕事ですが、
「ボード貼り工事」は、その骨組みに対して”面”となるボードを貼っていく仕事です。

内装工事の順番でみれば、クロスや塗装を壁に施す前の下地を作る仕事です。
ボードの貼り方の正確性は全体としての出来上がりの美しさを左右してしまうので慎重さが必要とされる仕事であります。

さて、1口に「ボード工」と言ってもいろいろな種類がございます。
よりお仕事の想像がしやすいように次の項では、ボードのメインとも呼べる「石膏ボード」の説明をして行きたいと思います。

 
 

「石膏ボード」に注目が集まる理由はどこに?
コンクリートに変わる素材として脚光を浴びています!

石膏ボードが主に用いられる箇所は、高層建造物の「間仕切り」と呼ばれる、部屋と部屋を区切る壁を筆頭にあげることができます。(乾式間仕切りとも呼びます)。

それは石膏ボードが持つ大きな特徴の1つに「軽量」であることに関心が寄せられているからです。

地盤が弱い箇所であればなお、これまで、高層建造物を建立するにあたり、「建物全体の軽量化」は避けては通れない問題として立ちはだかっておりました

この「間仕切り」、昔はコンクリートが用いられることが主でしたが、そこに変わる素材として注目を集めたのが、

軽量の「石膏ボード」

であるのです。

 
 

ボードの種類によっても性能ごとの違いがあり、
需要に比例して仕事現場がある仕事が「ボード貼り」です

また、軽量だけが石膏ボードの持つ”強み”ではありません。石膏ボードは耐火性能にも優れているからこそ、コンクリートに変わる素材として脚光を浴びております。

そもそも石膏とは、水を多く含んでいる素材。

建物やその部屋の使用用途によっては「一定の防火性能を持つ部材を用いること」は消防法により義務付けられております。
軽量化を果たすだけでなく、防火性によっても効果が認められているのが石膏ボードであるのです。

他にも弊社が用いるボードの種類をあげれば、吸音性能に優れた「ロックウール吸音板」などなど……使われる空間の用途によって適切なボードは変わってまいります。

さらにコンクリートと比較した時、「施工費用の削減」、「工期の短縮」までもが期待され、
今や高層建造物のみならず、マンションや大型店舗、学校、オフィス、一般住宅でも使用されるボードは、その要望ごとに様々であるのです

このことは、それだけ「活躍できる仕事の現場が多い」ことをも同時に意味していると言って過言ではないのではないでしょうか

 
 

ボード貼り工事から派生、今注目を集める「化粧板工事」とは?

それでは……化粧板工事、ひいては「化粧板」とは何でしょうか?

この仕事は上でご紹介したボード工の技術で対応することが出来、弊社が今後も伸ばして行きたく考えている工事・事業でもあります。

化粧板とは、名前の通り、最初から化粧(塗装・フィルムシート加工)が施されたボードのことです。

わかりやすい使用例を出すのであれば、例えば「トイレ」に施工されることが多いです。
今までトイレの壁には布・紙を材料とした「クロス」を用いることが一般的でありましたが、はじめからフィルムや塗装で保護された化粧板であれば掃除が圧倒的に楽になります。

最近では防水性能を持ったクロスも販売されておりますが、その効果のほどは100パーセントとは言えません。
化粧板はデザイン性も幅広い商品展開がなされており、化粧板工事もまた、上にあげた「ボード貼り」然り、注目を集めている工事であるのです。

 
 

具体的なご説明をさせて頂きたいと思います
疑問・質問はお気軽にお問い合わせください!



今回の記事を通して 弊社の仕事は建設業の中でもこれからも伸び代のある仕事を率先して取り入れている会社であるということが分かって頂けたと思います。

今回の記事を読んで 弊社仕事に興味を持たれた方や、「建設業に就職したいけれど、その専門性まではまだ決まっていない」方がいらっしゃいましたら、まず、ご連絡をして頂きたく思います。

まずはご質問からでも構いません。懇切丁寧にご説明させて頂きます。
どうせ就職するなら安心の企業に就職するに越したことはありません。

就職にあたっては様々な企業を比較されると思いますが、結果として弊社をお選び頂けるのであれば、あなた個人に向き合った働き方を会社一丸となって考えて行きたいと思います!