NEWSお知らせ

「軽鉄ボード工事」「軽天工事」、軽鉄と軽天の違いは?東京で内装業をお探しならショウエイ技建に決まり

東京都板橋区で内装仕上げ工事(LGS組立工事、ボード貼り工事)を手がける有限会社ショウエイ技建です。

弊社に入社を希望されている方から弊社の「仕事内容を細かく知りたい」お声をいただくことが多数ございます。

そこで今日は「軽鉄ボード工事」を分解し、弊社の取り扱う素材「軽鉄」や「LGS」の細かな違い、伴って作業内容までを順番にご説明していきたいと思います。

「軽鉄ボード工事」とは?何を指す?

まず、「軽鉄ボード工事」の概要からご説明していきましょう。
軽鉄ボード工事(軽鉄工事)とは、内装工事の中で、”軽量の鉄骨”を用い、天井までの柱を立てたり、部屋の仕切り(間仕切り)を作る工事のことを指します。

「軽量鉄骨」・「軽量形鋼(LGS)」・「軽天」ってそれぞれ何が違うの?

上の前提をもとに、一緒くたに説明されてしまいがちである……
「軽量鉄骨」・「軽量形鋼(LGS)」・「軽天」
の用語の細かな違いに関してもご説明していきたいと思います。

まず「軽量鉄骨」はそのままの意味、軽量な鉄骨のことを指し「軽鉄」と略して呼ばれています。

では「軽量形鋼(LGS)」とはなんでしょうか?<
実は「軽鉄」と「軽量形鋼(LGS)」は必ずしも同じものを指してはいません。
厳密に言えば「軽鉄」とは軽量の鉄骨を指す広い意味を持つ言葉なのです。

「LGS」は軽鉄の中でも、「亜鉛メッキが施された軽鉄」のことを指します。

そして、この「LGS」でできた、軽量鉄骨天井下地を「軽天」と呼ぶのです。

少しややこしく、上記の素材を使う工事は『LGS工事(軽鉄工事・軽天工事)』とまとめて呼ぶことも多いですが、それぞれの違いを覚えておいて損はないので覚えておきましょう。

「軽鉄ボード工事」「軽天工事」の仕事は、建築物全てが対象
弊社ショウエイ技建が持つ東京ならではのメリット

では、弊社ショウエイ技建はどのような建物を相手に軽鉄ボード工事を行っているか……

結論から言ってしまうと、

「人が出入りする全ての建物」が対象

になります。

戸建てに始まり、マンションやオフィスビルなどの高層建築物、ほか庁舎などの公的な建物にも「軽鉄ボード工事」は必要とされます。

新しく建物を建てる時はもちろん、たとえばテナントの入れ替えやお店の改装時が顕著ですが、建築物のリフォームや原状回復の際にも軽鉄ボード工事は必要とされますので、お仕事は基本的に途絶えることはありません。

継続的にお仕事があること、これは弊社が東京を中心にお仕事を展開していることにも理由があります。

当たり前のことを言うようですが、人口が密集している東京においては、活動する人の数に比例して様々な用途を持つ建築物が多く建てられているからです。

人口密度の低い地方だと、1つの会社がほとんど全ての内装業を担うことも稀ではありません。
細かく内装が分業化されているのも、東京ならではの強みでもあります。

軽鉄ボード工事、軽天工事の”流れ”

内装が分業化されている中、弊社はどのタイミングでお仕事に入るのか、具体的に見ていきたいと思います。

内装のお仕事の中でも肝となる軽鉄ボード工事は、ボードを貼る”骨組みを組み立てる”施工と、実際にに”ボードを貼り付ける”施工、大きく2つのパートに分けることができます。

まずは床コンクリートを打った段階、間仕切りの墨が出た後です。
将来壁が立つところに剥き出しにされている鉄骨に”金物(かなもの)”を取り付けるところから弊社の仕事が始まります。

その後、耐火被覆の吹き付けが行われた後、間仕切りを立てる軽鉄工事を行います。

遮音構造壁や耐火構造壁などが天井まで塞ぐように張られた後、設備工事(ダクトや配管)や電気工事(クーラーなど)の業者が入ります。

その後に天井下地の組み立て、壁・天井のボードを貼っていくことも我々の仕事です

ボードを貼った後にはクロスや化粧パネルを入る大工さんが入り、内装も仕上げ段階に入っていきます。

弊社の仕事は、軽鉄工事ににしろボード貼り工事にせよ、その後に他の業者の方が仕事を行うことが普通です。

もとより、内装は様々な業者が順番に専門分野を行うものですが、取り立ててバトンタッチをする様相の強い「軽鉄ボード工事」は、どちらの仕事であっても気を引き締めて正確に施工を行わなければなりません。 

東京に箱があるかぎりなくならない仕事
「軽鉄ボード工事」と「軽天工事」



上に「弊社の仕事は継続的に続いており、なくならない」
と書かせていただきましたが、これは極端な話ではありません。

今の経済活動の形が変わらない限り……極端な話「建築物がなくならない」限り弊社の仕事は必要とされるものです。

さて、いかがでしたでしょうか?
文章だけでは細かいところまでがお伝えできたかどうか分かりません。

弊社の仕事に興味を持たれた方、また建設・内装業界に就職希望でも具体的な職種まで決まっていない方は是非1度弊社にお話しだけでもお聞かせ願いたく思います。