NEWSお知らせ

東京で大工から転職したい人が軽鉄工事を選ぶメリットとは?

東京都板橋区で内装仕上げ工事(軽鉄工事、ボード貼り工事)を手がけている有限会社ショウエイ技建です。

弊社では内装工、ボード工の新入社員を募集しています。経験者はもちろん、未経験からのスタートや、大工職人からの転職も大歓迎しています。

今回は、大工から転職し入社3年目の吉浦にインタビューを行いました。

大工から軽鉄工事へ転職するメリットはどんなところにあるのでしょうか?

■大工からの転職、軽鉄工事で活かせるスキル

−吉浦さんの経歴を教えてください。

吉浦:高校を卒業してから大工を7年経験し、ショウエイ技建へ転職しました。現在入社3年目です。

−なぜ大工から軽鉄工事へ転職したのですか?

吉浦:もともとは大工の求人を探していたのですが、インターネットではなかなか見つからなくて。そこで大工のスキルを活かせる内装・軽鉄工事の仕事を探し始めました。ショウエイ技建のHPは社長のメッセージや待遇なども細かく書いてあって好印象だったので、ここで働きたいと思ったんです。

−大工から軽鉄工事に転職して、役に立つスキルはどんなことでしょうか?

吉浦:内装や軽鉄工事はもともと大工の仕事のなかの一つなので、大工のスキルは全て活かせるんですよ。やることはほぼ同じで、使う材料の種類が増えてより専門的になります。

■大工からの転職で変わる毎日の輝き

−大工と軽鉄工事では、携わる現場は異なるのでしょうか?

吉浦:大工のときは木造住宅が専門でしたが、今は現場の規模が大きくなり、オフィスビルやオリンピックのスタジアムなども手がけるようになりました。

−大工と軽鉄工事では、働き方は異なるのでしょうか?

吉浦:大工と比べると現場の規模が大きい分、人も増えて工期も長くなりますが、スケジュールがしっかり決められています。大工のときは進捗状況によっては夜遅くまで残業がありましたが、今は基本的にいつも同じ時間に帰れるようになりました。18時には現場を出られるので、プライベートで飲みに行ったりする予定も立てやすくなりましたね。 

−大工と軽鉄工事では、待遇にどんな違いがありますか?

吉浦:私は自営業の大工から、ショウエイ技建の社員になりました。有給やボーナス、残業代もいただけるようになって、大きく変わりましたね。収入が安定したので、安心して仕事に打ち込めるようになりました。

−軽鉄工事のやりがいはどんなところに感じますか?

吉浦:オリンピックのスタジアムなど、ニュースで見るような建築物に携われることはとても嬉しいですね。社会的、歴史的な事業に関われているというやりがいがあります。現場が終わっても、車で近くを通りがかると達成感を感じますよ。

■東京で大工から転職するなら軽鉄工事のショウエイへ

−ショウエイ技建はどんな雰囲気の会社ですか?

吉浦:竹井社長は社員のことを常に考えて、環境を改善してくださるので助かっています。社員数は25人ほどで、若手からベテランまで幅広い世代が活躍しています。先輩は丁寧に仕事を教えてくださいますし、同年代とは競って高め合っていける雰囲気があります。前は親方と2人きりの現場で黙々と作業していましたが、今は一緒に頑張っていける仲間ができて、いいことづくめですね。

−軽鉄工事で活躍できる大工さんは、どんなタイプの人でしょうか?

吉浦:ショウエイ技建には尊敬できる仲間がたくさんいるので、人から教わって勉強したいという方は、どんどん向上していけます。毎日が勉強になりますよ。

−ショウエイ技建へ転職を考えている大工さんへメッセージをお願いします。

吉浦:大工時代は新築の物件が減って、仕事がない日もありました。ショウエイ技建へ入社してからは、仕事が途切れたことがありません。ショウエイ技建なら安心して働けます。自信をもって「うちにおいでよ!」と言いたいですね。

ーありがとうございました!

弊社では内装工、ボード工の新入社員を募集しています。

東京で大工からの転職をお考えの方は、ショウエイ技建へ是非ご応募ください。